お知らせ

平成29年度 特定建築物定期調査業務講習会 のご案内

建築基準法第12条に基づく定期報告制度については、適切な調査が行われるよう、平成20年4月の施工規則改正により、調査項目、調査方法及び判定基準が明確化されました。

近年起きた社会福祉施設の火災、さらには、平成25年の福岡市診療所火災などの状況から、定期報告が適切に実施され、既存建築物の安全性を向上させることがますます重要な課題となっています。

そこで、定期報告制度及び対象施設の概要並びに調査及び報告書作成の方法等について、下記の日程で講習会を開催いたします。

特定建築物調査業務はもとより、今後の建築設計・工事監理業務に欠かせないものと考えておりますので、特定建築物調査員、一級建築士、二級建築士、建築基準適合判定資格者、行政職員、および特定建築物等の所有者・管理者の皆様におかれましては、この機会に是非受講されますようご案内申し上げます。

 

●浜田会場(定員50名)

7月14日(金)13時30分から16時00分(受付13時より)

島根県浜田合同庁舎2階 大会議室

 

●松江会場(定員50名)

7月21日(金)13時30分から16時00分(受付13時より)

島根県松江合同庁舎 6階 601会議室

 

お申し込み・詳しくはこちらをご覧ください。