新築・リフォームをお考えの方へ - 住まいの基礎知識

まず、しっかりとしたプランニング

家づくりのスケジュール

【1】購入計画

どんな場所で、どんな家に住みたいのですか?

  • 一戸建て、マンション、新築、既存(中古)住宅?
  • 交通の便、買い物・学校・病院・公共施設などの利便性、住環境、地域の発展性などの、どこに重点をおきますか?
  • 建築・購入者以外にもいろいろな手続費用がかかります。しっかりとした資金計画をたてましょう。

【2】事前調査

業者の説明だけでなく自分の目と足で確かめることが大切です。

広告、住宅展示場、完成見学会等に足を運んでみましょう。

【3】土地・住宅購入の契約締結

【5】、【6】の土地、住宅の購入に共通する事項として契約の締結があります。

  • 印鑑は必ず自分で押すこと
  • 口約束はトラブルのもと
  • 拇印や署名だけでも契約の締結は有効
  • 仮契約書は作らない
  • 買付証明書・売渡承諾書の作成には注意を

土地と建物(物件)を選ぶときは慎重に…だネ。

【4】契約の解除

契約をやめるときは、より冷静な判断が必要です。

【クーリング・オフ制度】

売主が宅建業者で、売主の事務所等以外の場所で売買契約を締結した場合は、契約を解除することもできます。
詳しくは、消費者センターにお問い合わせください。

【5】土地の購入

土地の代金の他ににも手数料等が必要となります。

(例)印紙、仲介手数料、登記費用など

【6】住宅の建築・購入

住宅の建築・購入の他に手数料等が必要となります。

(例)

建築の場合

  • 地盤調査費用など(必要な場合)
  • 印紙
  • 登記費用
  • 不動産取得税
  • 地鎮祭、上棟式費用

購入後

  • 住宅ローン返済、家の所有者にかかる税金、メンテナンス費用など

【7】建物の検査

建築基準法に基づく確認申請が必要な建物は建物の引き渡し前に、完了検査を受けて、検査済み証の交付を受けなければなりません。

【8】瑕疵担保保険

平成21年10月1日以降に新築住宅を引き渡す場合、建設業者及び宅建業者は住宅瑕疵担保履行法に基づく10年間の瑕疵担保責任を果たすために必要な資力を「保険の加入」又は「保証金の供託」により確保することが必要となりました。
引き渡しを受ける住宅が保険の加入等がなされているか、確認しましょう。

不動産売買に関するお問い合わせ

次へ

このページの先頭