新築・リフォームをお考えの方へ - 住まいの基礎知識

安心安全な住まいづくり

トラブルと解決法 « リフォーム

契約トラブル

(1)契約トラブル

契約トラブルが増えています!

悪質な住宅リフォーム訪問販売に関する平成16年特定商取引法改正

行政規制の強化

  1. 訪問販売をする際には、販売目的の訪問であることの明示を義務化
    • 「無料点検」という口実による訪問は禁止されています。
  2. 不実告知(虚偽説明)や故意の事実不告知に対する規制強化
    • 不実告知とは、重要事項について事実と異なることを告げることです。
    • 商品の価格、性能等の重要事項を消費者に故意に告げない行為(例: 床下換気扇の適正台数が3台なのに、それを告げず10台設置する)は、不実告知と同様、罰則をもって禁止されています。

被害にあった消費者を救済する民事ルールの強化

  1. クーリング・オフ妨害に対する措置
    • 販売業者が嘘を言いまたは威迫して、消費者によるクーリング・オフ(契約から8日間は無条件解約できる制度)を妨害した場合は、当該事業者がその妨害を解消するまで、消費者がクーリング・オフできます。
  2. 不実告知や故意の事実不告知による契約の取消し
    • 不実告知や故意の事実不告知により、誤認して契約した場合には、消費者がその契約を取り消すことができます。

契約トラブル解決法

  • まず、クーリング・オフができるか。
  • クーリング・オフができなくても消費者契約法は使えないか。
  • クーリング・オフも消費者契約法も当てはまらない場合でも、解決ができることがあります。

(2)工事トラブル

リフォーム瑕疵保険

リフォーム瑕疵保険は、リフォーム時の検査と保証がセットになった保険制度です。住宅専門の保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)が保険を引き受けます。

保険加入事業者は公開されます!

リフォームかし保険へ加入する事業者は保険法人へ事業者登録することが必要となります。保険法人では登録された事業者について、保険利用件数などの情報も公開します。保険への加入を希望する場合は、リフォーム工事を登録事業者からお探し頂き、保険への加入を依頼して下さい。

リフォーム工事での質の高い施工が確保されます!

リフォームかし保険では、リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者検査員(建築士)による現場検査を行います。これにより、質の高い施工が確保されます。

万が一の時にも安心です!

リフォームかし保険では、後日、工事に欠陥が見つかった場合に、補修費用等の保険金が事業者(事業者が倒産等の場合は発注者)に支払われ、無償で直してもらうことができます。

相談窓口

契約内容に疑問を感じたり、トラブルに巻き込まれたら、お早めに消費者センター等へ相談しましょう。

安心リフォームについての情報

次へ

このページの先頭