新築・リフォームをお考えの方へ - 住まいの基礎知識

安心安全な住まいづくり

しまねの木の家

島根県産の優良な木材(=しまねの木)、なかでもスギ材をふんだんに使い、スケルトン・インフィル方式を採り入れることで長持ちするしくみとコスト低減を可能にした“人と環境に優しい”木造住宅です。

「しまねの木の家」の3つの方針

  1. 「しまねの木」を使った“健康的活環境保全に貢献できる家づくり”
  2. スケルトン・インフィル方式を採り入れた“可変性が高くローコストな家づくり”
  3. 地域の人とモノによる“地域の気候風土に合った家づくり”

「しまねの木の家」の3つの方針

【スケルトン・インフィル方式】
耐力壁や柱など間取りの制約の少ない構造体(スケルトン=S)と、間仕切りや建具、設備など(インフィル=I)を分け、外側のスケルトン部分は長持ちするしっかりしたものに、内側のインフィル部分は将来的な変更が簡単にできるようにつくろうという考え方です。

「しまねの木の家」では、上記のようなしくみ(=スケルトン・インフィル方式)を採り入れてスケルトンは長持ちできるようにつくり、家族構成や生活スタイルが変化したり、設備や建具などの部品が傷んでも、間取りを変更したり、傷んだ部品を交換することで、長期にわたって建物が使用できるようにします。

「しまねの木の家」へのお問い合わせ

  • 「しまねの木の家」推進センター - (一社)島根県住まいづくり協会
    〒690-0883 松江市北田町(建築会館内)
    TEL 0852-31-1282 FAX : 0852-31-8292
    http://www.sumai.ne.jp
  • 島根県農林水産部林業課木材振興室
    〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
    TEL 0852-22-5161 FAX : 0852-31-2144
    http://www.pref.shimane.lg.jp/ringyo/

次へ

このページの先頭